独立性と透明性

すべてのASC基準は、複数の利害関係者の専門家グループにより策定および改定されます。すべての監査および基準はパブリックコンサルテーションの対象で、誰にでも発言権があり、養殖場の監査によっては、地元または先住民コミュニティからの積極的な意見を求める場合もあります。監査は独立した専門家が行い、ASCが監査プロセスに対して報酬を受けとることはありません。認証された養殖場は、毎年の監査を通じて、常に責任ある実践を維持するよう求められています。サプライチェーンにおけるすべての段階で認証を受けることが必要です。責任を持って生産された水産物にのみASCラベルが適用されます。このような透明性と厳正性の結果、養殖水産物の最も信頼できる基準として、ASCは広く認識されています。

養殖とは

×
×
×
Confidental Infomation