どのように資金を調達し、どのように機能しているのか、皆様からいただいた大切なご質問にお答えいたします。 

水産養殖管理協議会(ASC)は独立した非営利団体です。世界の水産養殖業が労働者を保護し、養殖場が操業する地域社会を尊重し、環境に害を及ぼさないように力を尽くしています。

独立性と資金調達について、もう少し詳しくご説明しましょう。

ASCはどこから報酬を得るのですか?

ASCは、ASCロゴが貼付された製品の販売から収入を得ています。ただ、ロゴの使用は完全に任意です。ASC認証を受けた養殖場が希望しない場合は、ASCロゴを表示する必要はありません。また、ASCは、水養殖産業の改善を推進するために設けられた特定のプロジェクトへの助成金も申請しています。最近の例をひとつ挙げると、インドネシアの水産養殖業の改善を支援するために、フェアトレードUSAとの共同プロジェクトに対して、慈善団体のウォルトン家からの助成金を申請しました。

ASCの所有者は誰ですか?

ASCは完全に自己所有の独立した組織です。地域のコミュニティ、政府機関、NGO、科学者、学者、業界など、多くのパートナーと協力していますが、こういったパートナーのいずれも、ASCの所有権は有していません。私たちは完全に独立しており、すべての業務において完全な透明性を確保することに邁進しています。

ASCは養殖場を認証しますか?

いいえ。ASCは、養殖場が認証を受け、商品にASCロゴを使うために達成しなくてはならい環境的および社会的目標など、業界が従うべき基準を設定しますが、個々の養殖場の認証プロセスには関与しません。認証を求める養殖場は、完全に公平な方法で運営される、資格のある外部の独立した審査チームにより監査されなければなりません。

養殖場や企業はASC認証を購入することができますか?

断じて許されません。ASCは基準を設定しますが、養殖場が基準を満たし、認証を受けられるか否かを決定する個々の監査には、どのような影響も及ぼしません。監査プロセスに要する支払額は、独立した監査人との取り決めによるもので、支払いは養殖場から監査人に直接行われます。ASCは、監査のいかなる工程、または監査前の活動に対しても、金銭を受け取りません。ASCの役目は、プログラムを綿密に監視することです。監査報告書をASCのウェブサイトにすべて公開し、認証決定が完全に養殖場の運営方法に基づいてなされることを保証します。

養殖の基本

×
×
×
Confidental Infomation