最近公開されたASC飼料基準に付随する重要な文書について、ASCはパブリックコンサルテーションを実施しています。

この基準は、ASC認定の養殖場で使用される飼料が、海洋または陸上の原料を含むか否かによらず、責任を持って調達されていることを消費者に保証する、という前例のないものです。現在、重要な補足文書が2件、公開されており、飼料工場および監査を実施する独立機関、適合性評価機関(CABs)のフレームワークを提供しています。

2回予定されているパブリックコンサルテーションの1回目が、9月1日より始まりました。ASCではまた、飼育密度や魚のしめ方といった問題を扱う、養殖魚への福祉(アニマルウェルフェア)の改善を目指す新しい要件についても同時にパブリックコンサルテーションを実施しています。

どちらのコンサルテーションも60日間行われます。ASC ウェブサイトにアクセスし、要約を読み、簡単なオンラインアンケートを完了することで、一般の皆さまに閲覧いただけます。「飼料CAR/RUoC」のページで詳細を確認の上、コンサルテーションにアクセスしてください。アニマルウェルフェアのコンサルテーションについては、「アニマルウェルフェアのプロジェクト」のウェブページをご覧ください。

新しい飼料基準の文書

飼料基準に付随する2つの新しい草案が公開されました。「認証および認定要件(CAR)」と「認証単位要件(RUoC)」の2つです。責任を持って調達される飼料の生産のために飼料工場が満たさなくてはならない正確な指標を定めたものが、飼料基準です。一方で、認証機関が監査を実施し、ASC飼料基準の認証を行うために従うべき要件を詳述したものが、CARとなります。認証を求める組織を対象に定められたものが、RUoCで、飼料基準を扱う本件の場合、飼料工場が対象となっています。飼料工場がASC飼料基準の監査および認証プロセスに参加し、認証を受けるのに必要な要件について、RUoCに詳しく説明されています。

ASCの養殖場基準には同じ保証文書が盛り込まれており、飼料基準向けのRUoCとCARの草案は、同じ構成から作成されています。同一の要件が可能な限り踏襲されており、必要な場合のみ、異なる項目が作成されます。こうすることで一貫性が確保される上に、基準を監査する適合性評価機関(CABs)や、その他の利害関係者にとって、複数のASC基準を扱いやすくなります。

飼料基準の新しい要素には、原料供給者に対するデューデリジェンスの要件、並びに、マスバランス、セグリゲ―ションとして知られる、原料供給源を支える2つのモデルが含まれています。こういった新しい追加要項すべてを実施するための要件を提供するのが、CARとRUoCです。ASC基準を公正に、一貫して、かつ、効果的に適用することを目指しています。

ASCプログラム保証マネージャのジェニファー・グランシーは、次のように述べています。「私たちの業務の根本にあるのが、ASC基準です。基準の補足文書には、最初の申請から認証に至る監査プロセスの実施方法に関する重要な指示説明が盛り込まれています。」

「したがって、これらの文書は、飼料原料の責任ある生産に向けて改善を行う際に、ASCが効果的に機能を果たすために極めて重要なものとなります。可能な限り確実に効果をあげたいので、利害関係者の皆様には、専門知識と経験をぜひ提供していただきますようお願い申し上げます。」

次のステップ

2回のコンサルテーションで得られる回答は、われわれの現行の草案改良に利用する予定です。アニマルウェルフェアに関する要件の第1フェーズは、今後のASC養殖場基準に含めることを目的として最終的に完了するもので、これにより、認証済みの魚種すべてがひとつの基準にまとめられます。第2フェーズでは、2022年のパブリックコンサルテーションに向け、より多くの文書を公開することを目的として、ASCスタッフと技術作業部会が業務に取り組みます。CARとRUoCの完成版は、ASCの理事会の承認を得て、2022年初頭の公開を目指します。文書化された最終版は、利害関係者が要件に関する理解を深め、スタッフをトレーニングする時間をとれるよう、2022年の終わりに公開する予定です。

掲載日
水曜日, 15 9月 2021
×
×
Confidental Infomation