ASCは、2022年7月14日、ASC養殖場基準の改訂版認証および認定要件(CAR)と認証単位要件(RUoC)、そして、飼料基準の新しい認証および認定要件(CAR)と認証単位要件(RUoC)の文書を発表しました。

いずれも、ASCによる基準の運用と審査に必要なプロセス定義に役立つ重要な文書です。 文書の発行に続き、パブリックコンサルテーションの法定期間、その後の考察およびフィードバックの編入が発表されます。

認証単位要件(RUoC)とは、ASC認証プログラムに参加している養殖場や飼料工場が、認証の取得あるいは維持に必要な管理や行程要件に準拠するための情報および手順を入手できるよう定めたものです。ASC基準で指定されている行動要件の補足という位置づけになります。さらに、ASC認証を取得済みの養殖場や飼料工場が、認証取得施設において、認証を目立たせたい、ASCロゴやトレードマークを使いたい、などの場合においても、そのガイドとして、この認証単位要件(RUoC)が機能します。

認証および認定要件(CAR)とは、適合性評価機関(CABs)が利用するもので、彼らが一貫した方法で養殖場と飼料工場を審査できるよう、認証要件を定めたものです。CABsは、関連するASC基準に照らして養殖場と飼料工場を審査する、独立した認証機関です。飼料工場が製品をASC準拠の飼料として販売し、養殖場がASC認証の養殖場として水産物製品をサプライチェーンに販売できるようにしています。認証および認定要件(CAR)は、また、CABsの認可に必要な条件を規定しています。CABsは、ASC指定の認定機関である国際認定サービス(ASI)により認可されています。

「この文書は、認証プロセスに透明性と一貫性を提供することを目的としています。これにより、ASC基準システムが、政府、規制機関、非政府機関(NGO)、消費者といった利害関係者との信頼性を維持できるようになります。」とASCのプログラム保証ディレクター、エフラン・カルデロンは述べています。

「ASCの認証および認定要件はすべて、水産養殖認証に関するFAO技術ガイドラインに完全に準拠しており、私たちの業務は、ASCもメンバーであるISEALのグッドプラクティス規約に準拠しています。グッドプラクティス規約は、運営方法を改善し、より大きな影響をもたらせるよう、持続可能性システムをサポートするものです。」

養殖場 CAR とRUoCの発効日は、2023年7月14日です。

認証および認定要件(CAR2.3で養殖場審査の保証を強化

改訂版の認証および認定要件(CAR)は、特別にリモート審査を実施するための厳格なプロトコルを設定しています。毎年、少なくとも10%の単一施設の認証書の所有者に対して、非通知で監視審査を実施する要件を導入し、基準の社会的要件をどれだけ徹底してチェックしているかを詳しく見るASC社会審査リスク審査ツールを使用することにより、ASCの保証プロセスを強化します。

新しい要件では、同じ認証単位を審査できる回数を制限するため、審査員は交代で任命され、トレーサビリティ(追跡可能性)要件が強化されます。また、審査中に抗生物質および禁止されている動物性物質をサンプリングおよび検査する時期に関して、推奨事項も加えられます。改訂版の認証および認定要件(CAR)では、法定当局によって確認されている不正行為を行う企業、および児童労働、奴隷制度、人身売買、あるいは強制労働に関与する企業がASC認証を保持する資格がないことを、CABsに対して強調しています。

飼料基準を運用可能にするための、認証および認定要件(CAR)文書と認証単位要件(RUoC)文書

基準自体は2021年6月に発表されたため、審査員、飼料メーカー、およびサプライヤーは、基準に精通し認証の準備を進めることができました。その間に、ASC飼料認証単位要件(RUoC)v1.0およびASC飼料認証および認定要件(CAR) v1.0が完成し、パブリックコンサルテーションが実行されました。

ASC飼料CAR v1.0およびASC飼料認証単位要件(RUoC)v1.0は、最初の適用から審査プロセス、最終的な認証決定まで、飼料工場の認証プロセスに従うように構成されています。飼料の保証文書の構造とスタイルは、養殖場認証および認定要件(CAR) 2.3および認証単位要件(RUoC)に準拠しており、該当するすべての要件は直接、置き換えられています。これにより、特定の飼料基準要件を実装するのに必要な場合にのみ、ASC文書全体の統一性が確保されるようになっています。これらは主に、サプライヤーのデュー・デリジェンス審査、成分承認プロセス、マスバランスおよび分離の2つの生産モデル、そして関連する要件の実施への資格要件となります。

ASC飼料CARおよび認証単位要件(RUoC)の開発プロセス中に、5つのパイロット審査が実施されました。パイロット審査では、特にマスバランス計算およびデュー・デリジェンス・プロセスの要件に関して、認証および認定要件(CAR)と認証単位要件(RUoC)、そして飼料工場の環境におけるアプリケーションを審査することが焦点となり、中小規模の施設を中心とした、規模や地理的位置でさまざまな飼料工場が対象となりました。

ASC飼料認証および認定要件(CAR)および飼料認証単位要件(RUoC)の発表に続き、CABには認証取得のために、申請者の飼料工場には認証単位要件(RUoC)の実装のために、これら新要件に向けて6カ月の実装期間が用意されます。ASC飼料認証および認定要件(CAR)および認証単位要件(RUoC)は、2023年1月14日から有効となり、飼料基準に対する最初の審査を行えるようになります。これを皮切りとして、24カ月の移行期間が始まります。この期間中、ASC養殖場は、ASC養殖場基準を引き続き満たすために、ASC準拠の飼料の使用に完全に切り替える必要があります。

掲載日
日曜日, 17 7月 2022
×
×
×
Confidental Infomation