サケの養殖は、数多くの環境的な影響に関連しています。例えば、鮭が逃げ出したり、野生の鮭や鳥、海獣への悪影響、餌原料としての天然の魚の使用、病気や寄生虫の発生、抗生物質の使用と水質および海底汚染の影響が挙げられます。

ASC認証を受けたサケが責任ある養殖から生産により、自然環境に配慮し、地域のコミュニティをサポートする手助けとなる理由を挙げてみましょう。

  • 生物多様性

ASCが認証するサケ養殖場は、様々な方法で地域のエコシステムへの影響を最低限に抑えています。例えば、鳥、海獣、影響を受けやすい動植物を保護するための影響評価の策定・実施、海底の環境の保護が含まれ、水産養殖場が非常に保護区(HCVA)に建設されておらず、逃げる魚の量が最低限に抑えられることが求められます。また、野生生物の致死事件は、公開しなければなりません。

  • 飼料

ASCの認証を受けるために、サケの養殖業者は飼料の中に含まれる天然魚の量を最低限に抑える厳格な基準に従わなければなりません。さらに、養殖業者には責任ある形で管理された原料の調達元まで(天然魚と大豆の両方が認証を受けていることが好ましい)完全に追跡できることが求められています。

 

  • 環境負荷

ASCの認証を受けたサケ養殖業者は、定期的に様々な水質基準の測定(リン、酸素レベルなど)を行い、範囲内であることを確認することが求められます。責任ある養殖は、「良好」または「超良好」(EU水政策枠組み指令などで)として分類されている水域のみで行うことができます。水中への銅の流出は最低限に抑えられ、監視されなければなりません。

  • 魚病

ASCが認証するサケの養殖業者は、魚病の拡大を最低限に抑えるため、厳格な要件に従う必要があります。そうすることで、養殖業者はまた、同じエリアで操業するその他の養殖業者と連携しなければなりません。生物多様性管理の詳細なステップである魚類健康管理計画は、獣医の監修のもと策定され、養殖場で実施されなければなりません。さらに養殖場は、寄生虫(特にウオジラミ科)を低レベルに抑え、非常に限られた条件下で特定の薬品だけを使用することができます。魚病が診断される前に薬品を使用すること(予防的使用)は禁止されています。生産者は、サケの生存率が高くなるような形で養殖場を管理する必要があります。説明できないような死亡率の増加やウオジラミの増加が見られた場合、情報を公開する必要があります。

  • 社会

ASC認証では、国際労働機関(ILO)の理念を基にした厳格な要件を課しています。これらには、児童就労や強制労働の禁止が含まれています。ASCの認証を受けた養殖場は全て安全かつ公平な労働環境を有し、従業員は適切な給与支払いを受け、法規制に従った労働時間で就労しています。生産者はまた、(現地の)コミュニティに相談し、健康面でのリスクに関する情報を提供し、地域の重要な資源へのアクセスを妨げていないことを証明する必要があります。

同様の要件が、ASC認証を受けたサケを供給する小規模な養殖業者にも適用されます。

サケ

×
×
Confidental Infomation